診断書

どんな書類?

かかりつけ医など、医師が診断した結果を記載証明する書類です。

成年後見に関する手続きとしては、開始申立時に後見相当、保佐相当、補助相当の3類型を決めるために添付し、家庭裁判所へ申立書類の一部として提出します。

後見

常に判断能力がない(民法7条)

保佐

判断能力が著しく不十分(民法11条)

補助

判断能力が不十分(民法15条)

診断書の作り方は?

そのまま医師に渡し、医師から記入後の診断書を受領します。

▼サンプル▼

診断書の注意事項は?

書類としては医師が記入するものなので、特段の注意事項はありません。

かんたん後見をご利用の場合は、後見・保佐・補助のどこにチェックがしてあるかを確認し、かんたん後見のマイページにもその類型を入力してください。


成年後見制度に関する用語


成年後見制度に関する書類

開始申立

就任報告

定期報告

各種手続き

Pocket