財産目録

どんな書類?

財産目録は、本人の財産を管理するための目録。所有している財産類の品名、単価、数量、価格、所在地、所有権割合などを記載したリストです。

本人の預貯金や不動産、動産、有価証券、保険といったプラスの財産(積極的財産)の詳細と、ローンや立替金などのマイナスの財産(消極的財産)の詳細を全て記入します。後見人に選ばれた場合、この目録を基準に財産の増減を管理することになるので、把握できうる全ての財産を記入します。

なお、申立時・初回報告時・定期報告時・終了時・その他各種手続きを行う際などに必要となり、それぞれ似たようなフォーマットですが、少しずつ違いがあります。

財産目録の作り方は?

▼サンプル(申立時)▼


成年後見制度に関する用語


成年後見制度に関する書類

開始申立

就任報告

定期報告

各種手続き

Pocket