抵当権

抵当権とは?

担保の一種です。担保(担保権)と言われるものには、主に質権・抵当権・根抵当権・譲渡担保があります。

そもそも担保とは、債務者(借主)がその債務を履行できない場合に備えて、債権者(銀行など貸主)がその債権に対する保証として設定する権利のことです。

担保のうち、住宅ローンなど銀行あるいは他人からお金を借りる時に不動産に設定する担保が抵当権・根抵当権です。抵当権は「特定の債権に対する担保」、根抵当権は「一定の範囲に属する不特定の債権に対する担保」などの意味で異なりますが、これらは「不動産に設定する担保」という意味で共通しています。

担保となっている物を債務者のもとに残しておきながら、債務が弁済されないときにはその物から債権者が優先的に弁済を受けることを内容とする担保物権です。


成年後見制度に関する用語


成年後見制度に関する書類

開始申立

就任報告

定期報告

各種手続き

Pocket