不動産登記簿謄本

不動産登記簿謄本とは?

不動産の登記簿には土地登記簿と建物登記簿の2種類があり、土地は一筆ごと・建物は一棟ごとにそれぞれ記載されています。

不動産登記簿は土地・建物に関する所在・面積、所有者の住所・氏名、その物件の権利関係等が記載されていて、登記簿謄本とはその写しのことを言います。

不動産登記法により公示が義務付けられているので、手数料(登記印紙で納付)を払えば誰でも交付、閲覧が可能です。


成年後見制度に関する用語


成年後見制度に関する書類

開始申立

就任報告

定期報告

各種手続き

Pocket